音楽

SENSE

「SENSE」まさに、五感で感じる。メッセージが五感で伝わってくる。

ミスチルのニューアルバム、「SENSE」!

いやぁ・・・いつもミスチルの素晴らしさには圧倒されてきたけれど、このアルバムもまた、一つ一つが違い、かつ同じ匂いがする。

暗い、夜の海の絵に浮かび上がる美しく切なくエネルギーに満ちた歌詞。

「365日」や、「FANFARE」、Split the Difference のエンディングだった「FOREVER」の素晴らしさもさることながら、ほかのアルバムの曲の完成度も高いのがさすが・・・!

「ロックンロールは生きている」、はファンクラブのラジオで流れていたけれど、これまたフェイクや花火を思わせるような、メロディでぐっと惹きつけられるソング。

今回、22時30分過ぎに自宅に戻ってから、まだアルバムを2周も聞いていないけど、初めて聞いたときに思わず動きが止まってしまったのは、

「蒼」

自分では精一杯しているつもり

でも動かないものばかりで

揺らめく陽炎に憧れ 目で追う

触れないと知っていても

その人なりが果たすべき使命に

ただひたむきであれと諭すのに

静かに 静かに 夢はささくれ

届かぬ 祈りに 胸が暴れる

ただただ 自分の身の丈を 知らされ

わずかばかりの譲れぬ誇りに

ただ正直であれと願うのに

静かに ひそかに 嘘を重ね

淀んだ 時流れに 自由を奪われ

ただただ 自分の身の丈を知らされ

それでも心は手を伸ばし続ける

思わず写経してしまった・・・

この曲はすごい。曲から見えない念を感じる。

疲弊した体に潤いをくれる、桜井さんの声、ミスチルのバンド。こんな素晴らしいバンドと、リアルタイムで同世代で生きていられて本当に良かったと思う。

しみじみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

②HERO - BANK BAND 2005-

">Mr.Children HERO

BANK BANDバージョンは本当に良い。友人いなばさんと前に見て、かなり印象的だったけれど、それ以来この映像を何回見たかわからない。そして、毎回涙を流してしまう。

昨日聞いて、また涙した。

桜井さんの気持ちが、想いの強さが、念のように、見えないエネルギーでこちらに向かってくる。自分の心に振動が強くぶつかってくるので、ただただ涙が出るばかり。

例えば誰か一人の命と引き換えに世界を救えるとして
僕は誰かが名乗り出るのを待っているだけの男だ
愛すべきたくさんの人達が
僕を臆病者に変えてしまったんだ

小さい頃に身振り手振りを真似てみせた
憧れになろうだなんて大それた気持ちはない
でもHEROになりたい ただ一人 君にとっての
つまづいたり転んだりするようなら
そっと手を差し伸べるよ

ダメな映画を盛り上げるために
簡単に命が捨てられていく
違う 僕らが見ていたいのは希望に満ちた光だ
僕の手を握る少し小さな手
すっと胸のよどみを溶かしていくんだ

人生をフルコースで深く味わうための
いくつものスパイスが誰もに用意されていて
時には苦かったり渋く思うこともあるだろう
そして最後のデザートを
笑って食べる君のそばに僕はいたい

残酷に過ぎる時間の中で
きっと充分に僕も大人になったんだ
悲しくはない 切なさもない
ただこうして繰り返されてきたことが
そうこうして繰り返していることが 嬉しい 愛しい

ずっとHEROでありたい ただ一人 君にとっての
ちっとも謎めいてないし 今さらもう秘密はない
でもHEROになりたい ただ一人 君にとっての
つまづいたり転んだりするようなら
そっと手を差し伸べるよ

最近どんなに遅く仕事をしても、ミスチルを寝る前に聞いている。人間、いろいろあると、一つのものに集中してしまうのか?

ミスチルは本当に人を救うパワーがあるなぁ。桜井さんすごいなぁ。12月1日のアルバム、心待ちにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

365日

名曲。

そして、涙が流れるよ。

愛情溢れるメロディー、歌詞、映像。三位一体です。

ミスチル大好きだ。

CM版

365日  桜井和寿

『聞こえてくる 流れてくる
君を巡る押さえようのない思いがここにあんだ
耳をふさいでも鳴り響いてる
君が好き 分かってる 馬鹿げている
でもどうしようもない 目覚めた瞬間から
また夢の中 もうずっと君を夢見てんだ

同じ気持ちでいてくれたらいいな
針の穴に通すような 願いを繋いで

365日の言葉を持たぬラブレター
とりとめなくただ君を書き連ねる
明かりをともし続けよう 心の中のキャンドルに
ふっと風が吹いても消えたりしないように

たとえば「自由」  たとえば「夢」
あてにしてたどんなフレーズも 力をなくしたんだ
君が放つ稲光に魅せられて

「一人きりの方が気楽でいいや」
そんな臆病な言い逃れは終わりにしなくちゃ

砂漠の町に住んでても 君がそこにいさえすれば
きっと渇きなど忘れて暮らせる
そんなこと考えてたら
遠い空の綿菓子が
ふわっと僕らの町にはがれて落ちた
君に触れたい
心にキスしたい
きのうよりも深い場所で君と出会いたい

365日の心に綴るラブレター
情熱に身を委ねて書き連ねる

明かりを守り続けよう 君の心のキャンドルに
ふっと風が吹いても 消えぬように
365日の君に捧げる愛の唄

聴こえてくる 流れてくる
君を巡る想いのすべてよ
どうか君に届け 』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミスチル② 結婚式で使った曲(今更)

式からはすでに4カ月以上たってるけど、記録のために式で使った曲リスト!

1. I Do / 98 Degrees

2. All my life / K-CI & JOJO

3. Let me love you / Brian McKnight

4. Wedding Medley / Sweetbox

5. The Promise / Enya

6. Simple / Mr.Children

披露宴

7. No One Else / Ak

8. Yes / Ak

9. Every Time You / Brian McKnight

10. エソラ  / Mr.Children (入場曲!)

11. Book of Days / Enya

12. ドライブ /ケツメイシ

13. ふれて未来を / スキマスイッチ

14. 君住む街角 /竹内まりや

15. 幸せをありがとう /ケツメイシ

16. GIFT  / Mr.Children

17. キセキ /GReeen

18. 花 /ORANGE RANGE

19. 等身大のラブソング /AQUA TIMEZ

20. Cosmic Night Run / Crazy Ken Band + m-flo

21. One Love /嵐

22. Be my baby / Vanessa Paradis

23. Sunday Monday / Vanessa Paradis

24. Angel / Aerosmith

25. Walk this Way / Aerosmith

26. 旅立ちの唄  / Mr.Children

27. つないで手/一青窈

28. 口笛  / Mr.Children

29. 糸    / Mr.Children

30. ボクノート/スキマスイッチ

31. to U / Bankband

32. Everything / Mr.Children

洋楽は全部私の趣味でいかせてもらいました!

ちなみに2次会の入場曲は、ドラクエ2のドラゴンクエストマーチ with ロンドンフィルでした。2にするか4にするか議論したよ~笑

はぁ、すっきり今年に向かおうかしら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスチル① Super Market Fantasy ドームツアー(今更)

2009年はどう考えても特にミスチル年でした。(興奮)

いやはやネタばれもあるし、書きたいことが山ほどあったからなかなか書けず。

でも!Supermarket Fantasyのドームツアーは 初日福岡ドーム&ファイナル東京ドームに行ってきた~ 幸せいっぱいですな。

ツアーの最初の映像と音効果にはほんとに度肝を抜かされました。心臓が血管でつながれているように、地球が鎖でつながれて鼓動しているのだよ。鼓動するたび・・・どくん・・・どくん・・・って、形が変わっていって。どんどん成長するように、形を変える地球。球体。わたちたちの体?

衝撃でした。とにかく衝撃!

記念に曲リスト&勝手な感想。

1.声~ラヴコネクション ・・・これが最初の曲か!懐かしいっと、結構驚いた。
2.Dance Dance Dance ・・・おおお、超久しぶり!
3.Worlds end  ・・・この曲も出だしがすっごい好きな歌!!! I love you のアルバムの最初の曲。さわやかだよね~ 「ゆーっくり、旋回してきた~」

4.HANABI   ・・・けっしってつかまぇ~ることのでぇきない~ 最高!
5.ロードムービー  ・・・Qのアルバム。Qの時代はそんなに聞いていなかったから、あまり愛着はなし。
6.風と星とメビウスの輪 ・・・最新アルバムでトップ5に入るほど好き。歌詞も、曲の壮大さも。泣いてしまった。

7.ALIVE ・・・ここから懐かしめの曲が続きます!
8.LOVEはじめました ・・・頭に響く・・・
9.Monster ・・・おぉぉ、これも結構頭から離れなかった曲の一つでした。
10.ニシエヒガシエ ・・・イントロがのりよく始まります。
11.CANDY ・・・大好き~~~~~

12.Simple  ・・・何よりもこれ!結婚式で使った曲です!
13.Drawing ・・・It's a wonderful worldに入ってた、曲は知ってるけど、歌詞はうろ覚え。
14.彩り  ・・・いつ聞いてもいい歌詞です。

15.fanfare ・・・新曲~~~~!ノリがいい。
16.箒星  ・・・インターンでアメリカに行ってた頃の曲で、思い出がよみがえる
17.名もなき詩 ・・・一緒に大合唱しました(いや、ほとんどの歌を大合唱させていただきましたが)

18.エソラ  ・・・飛び跳ねました!全ミスチルトップ3に入ります
19.声  ・・・そう、「声」も結構すき。
20.終わりなき旅 ・・・歌詞を味わって聞いたら、・・・イイ曲だよね~~~

アンコール
21.365日 ・・・知らなかったけど、よい曲だなぁ
22.and I love you ・・・これもいい!(さっきから「いい」しか書いていないような?)
23.GIFT  ・・・ありがとう、ミスチル。そういう気分でした。

今年は結婚式でミスチルづくしだったし、今回のツアーも式で使った曲がたくさん入っていたから大満足でした・・・

あ~すっきりした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「GIFT」 Again!

Supermarket FantasyのライブDVDをゲットして、改めて聞いてみたら。

毎回自分に刺さる歌詞が違う。それがミスチルの素晴らしさ。

今回はGIFTの、

『「本当の自分」を見つけたいって言うけど
「生まれた意味」を知りたいって言うけど
僕の両手がそれを渡す時 ふと謎が解けるといいな
受け取ってくれるかな

長い間君に渡したくて 強く握り締めていたから
もうグジャグジャになって 色は変わり果て
お世辞にもきれいとは言えないけど』

「長い間君に渡したくて強く握りしめていたもの」

これは何なのだろう、とふと思った。 

ぐしゃぐしゃになって、色も変わり果てているもの。

人を愛するという気持ち、を含むContainerである「私」かもしれない。

そう思った。

純粋に物事をとらえる子供のような視点は、色々な人の間にもまれ、悲しみ、苦しみ、ごろごろと転がって、ぐしゃぐしゃにもなって。

でも「私」は、「あなた」に向かって、「あなた」のような人に巡り合いたくて、

偶然のような必然に向かって、ここまで来たよ。

そんな歌詞として、自分に刺さった日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベートーヴェン三昧

154

アメリカの出張中の話を少し。(まだ成田からのスーツケースが来ない~)

上司のいるワシントンDCからクライアント先まで、車で巡業の旅に出るのがいつもの流れなのだけれど、もう一個うちの会社が好きなこと。それは車の中でひたすら音楽を聞くこと。ここ3年くらいはクラシック聞き比べがはやっている。

今回のクライアント先までは車で8時間で、今回もまたまたベートーヴェンの聞き比べ。

交響曲&ピアノソナタの同じ曲を指揮者、年代、楽団で色々比較して聞いて、好き勝手素人で言い合う楽しい会でした。

フルトヴェングラー×ウィーンフィル、カラヤン(の、若い時とおじいちゃんの時)×ベルリンフィルで比較。またまた交響曲では、1番から9番を聞いてどれが好きか色々聞き比べてました。比較するためには車のスピーカーのクオリティーがかなりキーになるけれど、今回の車はアメリカで販売が伸びている KIA(韓国製)のヴァンで、これはなかなかいい感じの低音が響くスピーカー。

交響曲比較では、今まで第9が好きだったのだけれど、今回は3番も好きになってきた。1番と2番の微妙にモーツァルトチックな感じから、ベートーヴェンらしさがガンっと出てくる。ベートーヴェンはベルリンフィルの勢いのいい抜ける弦が個人的には好きで、1963年のカラヤン×ベルリンフィルのCDが好き。このCDは音がよくて素晴らしい!(第2楽章だけは、フルヴェン×ウィーンフィルのゆ~ったりとした悲愴風な方が好きかな)

  ・カラヤン×ベルリンフィル 交響曲第3番のYouTube (このYouTubeはちょっとCDよりもスピードが速いかも。カラヤンの自意識も少し感じられるし 笑)

  ・フルトヴェングラー×ウィーンフィル 交響曲第3番 第2楽章のみ 音だけ(あぁ!美しいね~~)

1番もまともに聞くと、やはり美しい。軽やかさがありながらもベートーヴェンらしさの芽が

出てきている感じもする。いまいちモーツァルト風になっていない感じがまたいいのかも。ただ、ベルリンフィルの方で聞いた方がその芽は感じられるかもしれない。ウィーンフィルだと、弦がころころっと美しく流れるので、逆に悲しいかなモーツァルトになりきれてないサリエリ的要素が出すぎる感もあり。

 ・カラヤン×ベルリンフィル 交響曲第1番

5番もいいよね~。じゃじゃじゃじゃーん、だけで日本人の印象に残らせているのはもったいない!実にイイ曲だよ。

久しぶりに、フルトヴェングラーのバイロイト音楽祭の第9も聞いた。丁寧に観客に音を聞かせながら、または自分で音を聞きながら指揮をしていることが感じられる。ビバ!

しかし、聞けば聞くほどベートーヴェンの魅力に惹きつけられる。今までは交響曲とピアノソナタ、あとは有名どころのバイオリンコンチェルトしか聞いていなかったけれど、もっと他のも深めてみようと思う。お勧めあれば誰か教えて!(さっちーん)

実はむかしあんまり好きじゃなかったモーツァルトも、今回の旅で改めて聞いてみると、やっぱりすごさを感じて、なかなか好きなのが出てきた。交響曲29番、35番(Haffner)は特に好きになってきた。ウィーンフィルの軽やかにころころ転がる弦の音が、モーツァルトとあっていて圧倒的に好き!

音楽談義でした。

ちなみに帰りの飛行機で偶然見た、『路上のソリスト(The Soloist)』という映画もベートーヴェンをこよなく愛するホームレスのチェリストの話でした。これはお涙ちょうだい的でなく、冷静に、世の中の流れを描写している感じの静かな映画で、実際にアメリカに存在する差別、ゲットー、麻薬中毒、精神の病などを描くもので、見て良かったと思えるものでした。

またまたベートーヴェン尽くしに・・・

お、やった!スーツケース来た!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A milestone in my life

『 頼り無く二つ並んだ不揃いの影が 北風に揺れながら延びてゆく
凸凹のまま膨らんだ君への想いは この胸のほころびから顔を出した

口笛を遠く 永遠に祈る様に遠く 響かせるよ
言葉より確かなものに ほら 届きそうな気がしてんだ

さあ 手を繋いで 僕らの現在が途切れない様に
その香り その身体 その全てで僕は生き返る
夢を摘むんで帰る畦道 立ち止まったまま
そしてどんな場面も二人なら笑えますように

無造作にさげた鞄にタネが詰まっていて 手品の様 ひねた僕を笑わせるよ
形あるものは次第に姿を消すけれど 君がくれた この温もりは消せないさ

いつもは素通りしてたベンチに座り 見渡せば
よどんだ街の景色さえ ごらん 愛しさに満ちてる

ああ 雨上がりの遠くの空に虹が架かったなら
戸惑いや 不安など 簡単に吹き飛ばせそうなのに
乾いた風に口笛は 澄み渡ってゆく
まるで世界中を優しく包み込むように

子供の頃に
夢中で探してたものが
ほら 今 目の前で手を広げている
恐がらないで踏み出しておいで

さあ 手を繋いで 僕らの現在が途切れない様に
その香り その身体 その全てで僕は生き返る
夢を摘むんで帰る畦道 立ち止まったまま
そしてどんな場面も二人で笑いながら
優しく響くあの口笛のように 』

Mr. Children 口笛

3t0g0354

| | コメント (4) | トラックバック (0)

"Her Morning Elegance" Oren Lavie

今日は土日仕事の分、午前中がお休み。You Tubeで色々見てたら、かなりはまった

"Her Morning Elegance" Oren Lavie

2007年の曲だけど、こういう曲って一番色々考えたりするのに好きな声+曲調。しかもPVがすごい!Fantastic! 全てがベッドの中だけど、PVの彼女の日常が詰まって描かれている。

===================================

And she fights for her life as she puts on her coat...

アメリカにいた時のDAYSがフラッシュバックする感じ。

今ももちろん日本にいて仕事をしてるのだけど、異国の地にいて生活している時ってまた違う感覚で仕事をしていた気がする。

一歩外に出たら「外国人」。それなりに居心地のいい自分の場所になったとしても、やっぱり外には自分のココロで考える言語と違う言語を話す人たちがいて、見た目も違うし、一歩でたときにアンテナが敏感に働いている。

違う世界を自分のものにしていくために周波数をアナログでかえていっている。少しずつチューニングして、ずれたら直して。

コミュニケーションモードも常にupbeatなものにしてしまう習性がついてしまって。

それはそれで、慣れれば楽な空間にもなる。みんなが「異」のだから、「異」であるという共通項がある。それを受け止めると楽に感じられるところもある。

でも、今自分の家を一歩出たときと、あの時の自分が家を一歩出たときとでは、自動的に体が反応していた感覚が違っていたことを思い出した。

この曲調?2007年なんだけど、なんかオーストラリアで聞いていた80年代後半のロックでもこんな感じのがあった気がするから、なんか異国にいた感覚が戻ってくるのかな。

Sun been down for days
A pretty flower in a vase
A slipper by the fireplace
A cello lying in its case

Soon she's down the stairs
Her morning elegance she wears
The sound of water makes her dream
Awoken by a cloud of steam
She pours a daydream in a cup
A spoon of sugar sweetens up

And She fights for her life
As she puts on her coat
And she fights for her life on the train
She looks at the rain
As it pours

And she fights for her life
As she goes in a store
With a thought she has caught
By a thread
She pays for the bread
And She goes...
Nobody knows

Sun been down for days
A winter melody she plays
The thunder makes her contemplate
She hears a noise behind the gate
Perhaps a letter with a dove
Perhaps a stranger she could love

And She fights for her life
As she puts on her coat
And she fights for her life on the train
She looks at the rain
As it pours

And she fights for her life
As she goes in a store
With a thought she has caught
By a thread
She pays for the bread
And She goes...
Nobody knows

And She fights for her life
As she puts on her coat
And she fights for her life on the train
She looks at the rain
As it pours

And she fights for her life
Where people are pleasently strange
And counting the change
And She goes...
Nobody knows

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Supermarket Fantasy ライブ!

61vghoktbfl_sl160_aa115_ Mrchildren_2

ミスチルファンに告ぐ。この興奮と感動を早く伝えたかった!(あ、一部ネタバレあり)

先週の日曜、去年からずっと待っていたミスチルのSupermarket Fantasyのさいたまスーパーアリーナライブに行ってきました!奇跡的にアリーナ席、前から23列目?しかも、桜井さんのいる真正面真ん中の席で、ほんと、ファンクラブ会員の相方に感謝です。桜井さんかなり素敵すぎだし。。。もう!ほんとに!筆舌しがたい素晴らしさでした。

曲は素晴らしいし、懐かしい曲も歌ってくれて、自分のミスチル歴の長さを感じてしまった。

今回のアルバム曲をほぼ全て歌ってくれて(『旅立ちの歌』はなし。たぶん、一昨年のライブで歌ったからかな。また、背中押してもらいたかったー。)、また懐かしのKind of Love から『車の中で隠れてキスをしよう』歌ってくれて。懐かしいなぁ。なんか、歌とその頃の様々なことを思い出します。(淡い恋愛と音楽がくっつくのはつきものです)

前回のライブで『抱きしめたい』を歌ってくれて、毎回昔のから歌ってくれるのかな。いつか『Replay』を歌ってほしいと思いながら。。。『Over』とかも悲しい曲だけど、よく聞きました。

曲目はこんな感じ(だったらしい・・・誰かのページから借りてきました)

  1.終末のコンフィデンスソング  ⇒今はまってる
  2.everybody goes ~秩序のない現代にドロップキック~  ⇒懐かしい!
  3.光の射す方へ  ⇒おぉ、これを歌ってくれるとは予想外!でもノッタ
  4.水上バス  ⇒改めて聞くと、この曲もいいメロディだね
  5.つよがり  ⇒実は結構この歌好きだったから、超興奮。
  6.ロックンロール  ⇒ドラマー鈴木くんの歌(笑)
  7.東京  ⇒東京のビル群が目の前に広がってくよう。冷たく、愛しい東京よ
  8.口がすべって  ⇒かわいいね
  9.ファスナー  ⇒これもかわいいねー
  10.フェイク  ⇒またしても・・・・フェイク!
  11.掌  ⇒気になってた曲だからPVあり
  12.声  ⇒このアルバムのマイナー目の曲の中では好き!
  13.車の中で隠れてキスをしよう  ⇒懐かしいよ・・・(妄想)
  14.HANABI  ⇒最高です。切ない気分になるのは私だけ?
  15.youthful days  ⇒のりました!
  16.エソラ  ⇒今の私の流行#2 すごく明るい気分になれる
  17.innocent world  ⇒定番だけど、みんなで一緒に歌いました
  18.風と星とメビウスの輪  ⇒歌詞も曲も大好き
  19.GIFT  ⇒一人号泣していました・・・

  そして、アンコールで・・・・
  20.少年  ⇒やっと来た!!!!!待ってたよーーーーー
  21.花の匂い  ⇒本当に美しい歌なんです・・・
  22.優しい歌  ⇒PVが窪塚くんが出てた切ないやつだよね。私ももっと優しくなりたい

最後はミスチルが退場した後もエソラがかかってたから、全員で熱唱!

誰かが、今回のライブの曲目順にYou Tubeでリストにしててくれました。

『終末のコンフィデンスソング』のこの歌詞の部分、ぐっときます。

----------------

批判家の指摘も
間違っちゃいないけど
今僕らの目の前で起こっていることを
楽観も悲観もなく
ちゃんと捕まえたら
足元に落とした視線を
上に上げ
胸を張れ!

----------------

たぶん、私はまだ軸がぶれないようにようやく自分をつかみはじめてきた段階。ありのままでいることを肯定して、疑いなく、進みたいな。

あー、最高。ミスチルは人生に外せないね。ビバ日本人!すっかり熱くなっちゃった。

すっきり!

| | コメント (6) | トラックバック (0)