« 村上小説と私の、微妙なバランス関係 | トップページ | ②HERO - BANK BAND 2005- »

①顔をあげて

Sor0019003_m

気が付いたら前のブログからもう半年くらい経っていた。

アメリカ出張から戻って、そっから何をしていたか一生懸命思い出さないと分からないくらい、気持ちが走ってしまっていたように思う。

いろいろやっていたんだろうけど、イマイチ思い出せない。

自分が育ててきた後輩が辞めることになって、同期が育休から戻ったばかりで、いろいろ自分が背負わなきゃいけないものが多くなったように感じたからかもしれない。

この前、ふと通勤中に顔をあげたら空がきれいだった。紅葉も目に飛び込んできた。移りゆく季節をようやく本当の意味で感じた。そんな他愛のないことに、一人、感動した。

不思議なもので、目に入ってくる映像がテレビを見てるかのように、移りゆくものに過ぎない時がある。電車の中で、ただただ一定のスピードで過ぎていく景色を見ているような。目には移っているけれど、心に届いていない。画像は目の前にあるけれど、registerしていない。

受信感度が鈍くなり、日々色々やりながら過ぎていく毎日があって、それ相応に、一瞬一瞬が楽しかったり、うれしかったりもあるのだけど、自分自身が立ち止っていない。なんか、自分をよく見て、周りをよく見ていない。そういう時期だった。

当然、自分から色々と発信するモードが薄くなった。ブログの更新ストップはまさにその兆候を現していた。友人たちのブログを訪れる回数もめっきり減った。

11月になって、友人の美容師さんの店長就任祝いがあって、彼に、彼が好きそうな本をプレゼントしようと思い、「デッドエンドの思い出」をあげた。中国にいる、Shinさんから勧められた本で、私も本当に好きな本。友人Rちゃんも大好きなよしもとばなな。

なんとなく、よしもとばななを思い出した。ほんとに、思い出すっていう感じなくらい、心理的に離れていたみたいだった。

翌日、なぜか衝動的によしもとばななの本を買った。

ハゴロモ。王国。

よしもとばななのお話は、今の自分にとっては、よどんだ空気が流れる部屋の窓を開けるような、体にさわやかな空気を吸い込むような気持ちにさせる。

窓を開けると、外の風が少し冷たくて、寒いけど気持ち良くて、変なにおいが混ざって入りこむこともあるけど、でもそれが自然なことで。

窓を開けると、人の楽しそうに笑う声や、時には言い合う声も聞こえてきて、うるさい時もあるけど、でもそれが自然なことで。

そういう、当たり前の、自然の空気の流れを、自然な人間の営みを、当たり前のものとして、温かく感じさせてくれる。人間への愛情を感じずにいられない。

また復活してきたかな。

ちょっとそんな自分にうれしくなった。

|

« 村上小説と私の、微妙なバランス関係 | トップページ | ②HERO - BANK BAND 2005- »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

復活したねー。長い間閉じてた分、開いたら鮮やかだわー。なんだか私も嬉しくなったぞよ。閉じてたから開けるし、開いたらいつかまた閉じるんだろうし。
その繰り返しだよね。行ったり来たりで。花と同じですなぁ、人間も。

あなたと私は、すごく似ているって思っていたけど、よしもとばななを読むタイミングまで似ている。笑。
私もなんとなく、よしもとばななを思い出した。久しぶりに読んでみて、懐かしい温かさとやさしさに、ほっとした。やっぱりこの人はすごいと改めて思いました。

今のあなたに、この演奏をぜひ聞いてほしい。
きっと、沁み入るよーーーー
http://sachiolin.exblog.jp/15441981/

投稿: sachiolin | 2010年11月27日 (土) 04時10分

>さちおりん
またしても、僕らの似たところが出ちゃったね。月に影響を受けているのかしら?

いや~、オイストラフとリヒテルで、ブラームス!なんと温かくゆったりとした良い曲なのだろうか・・・・何度も聞いてしまった。
最近いいステレオがほしくなっているよ。クラシックは大音量で、良いステレオで聞きたい。

今週末はハグハグですよ!

投稿: ともこ | 2010年11月30日 (火) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506586/50140841

この記事へのトラックバック一覧です: ①顔をあげて:

« 村上小説と私の、微妙なバランス関係 | トップページ | ②HERO - BANK BAND 2005- »