« 『残念な人の思考法』 山崎将志 日経プレミアシリーズ  | トップページ | 村上小説と私の、微妙なバランス関係 »

村上小説面白い。

はっきり言って、1Q84 BOOK3の一部ネタばれ的な感じなので、まだ読んでない人は読まないでね。

BOOK3はいや~驚いた。面白かった。BOOK1,2と異なるアプローチの書きかたに驚いた。この書きかただと賛否両論だろうが、メタ的な世界観から一気に現実に降りてきた気もして、個人的にはこの展開を面白く読んだ。面白さはBOOK3の世界が無数の方向に広がっていけるところ。

-------------------------------------

「現実はひとつしかありません。」とBOOK1でタクシーの運転手が言う。そこから全ての世界がつながってBOOK1~3という何層にも絡み合った世界が存在している。
村上小説は、意識の世界に広がる物語であり、無意識の世界に連れて行かれる物語であり・・・自分という入れ物に無数の扉を用意してくれる、そこで自分を、世界を行ったり来たりさせてくれる不思議な世界を作り出す。意識と無意識の世界の存在は、桜井章一さんの本を読んだときに考えたことと似てて、とてもとても、興味深い。負けない技術

BOOK3の驚きなのは、「村上春樹」という扉が突然現れていたことだ。衝撃だった。こんな司馬遼太郎的手法、村上小説ではめずらしいのでは?(すみません、全部読んでないから分からないけど。Isくん教えて)
小説というある世界の中で(読み手にとってはある世界の中にいる気持ちだとしたら)、突然村上春樹が別世界から突如現れる。まるでこちらに「何が現実であるのか?」今私が感じ取っている、この小説の中の月が二つある世界か?それとも小説の中の月の1つしかない世界か?それとも今脳内世界で刺激を受けつつも、確かに自分の目の前にある世界なのか?「自分」が一瞬くらくらっと混乱してしまった。自分ってなんだ?

もう一つ、友人Isくんが書いていた偶有性の扉もこの世界に開かれている。今ある現実は1つで、それは偶然であり、必然である結果1つになりたっているもの。ただ、その1つのように見える現実の裏にはいつも、「他であり得た」可能性の束が合わさっていること。

ユングや河合隼雄の世界と共通するもの-意識に照らされた自分にとっての「1つの現実」の裏には、必ず「影」として無数に消えていった他であり得た道の集合体が潜んでいる。この辺は、もっと詳しく友人いなば氏が書いている『影の現象学』

BOOK3は、青豆の「他であり得た」世界ともとれる。青豆はそのままBOOK2とともに死んでしまって、でもその道を歩まなかったとしたらあり得た世界。

BOOK3は、天吾の小説の世界かもしれない。どうしても描こうとした青豆とのラスト。天吾が描いたもう一つの小説なのではないか。

BOOK3では、読者が「こうなってほしい」という流れになっていない。それが現実なのかもしれない。

BOOK3では、説明調に書かれているところは、結局全てを説明づけて意味づけをしようと、関係性を表そうとする今の世の中の面白くなさ、ソレに対する何らかの警鐘を鳴らしているのかもしれない。

--------------------------------------------

常にオープンエンドな村上小説の中で、今回のBOOK3はハッピーエンドにも近い、終結をきちんと迎えるものだ。ただ、ストーリーライン自体や、結果がどうなったかは村上小説には関係ないように思う。読み進めるプロセスで「世界の歪みと現実の恐ろしさに気づかされる」こと。しかも、その恐ろしさを匂わせているのに、小説としてのある種の爽やかさを失っていない。そこがすごいところ。

読めば読むほど表面のストーリーの軽快さの裏で流れる「意識と無意識」の世界の怖さを感じる。「善と悪」「意識と無意識」の両方の存在を、二元論的絶対的価値観でなく、両方が両立する相対的価値観の世界。その恐ろしさも美しさも、全てが現実として、自分達の目の前にあることを村上小説は示唆している。

|

« 『残念な人の思考法』 山崎将志 日経プレミアシリーズ  | トップページ | 村上小説と私の、微妙なバランス関係 »

」カテゴリの記事

コメント

いやはや、1Q84話ですね。待ってました!

>BOOK3はいや~驚いた。
…そうそう、確かにBOOK3は初読、絶対面白い!って感じるよね。目次で「牛河」出たときにまず驚かされたし。彼が見事なストーリーテラーになってくれてる(世にも奇妙な…のタモリのように)。

…あと、ラストは、どう捉えたらいいんだろうねー!?
前に竹田青嗣が「小説はロマンチシズムを噛みしめないとダメ」みたいなこと書いていて、確かに、ハッピーエンドの系列って、何故だか小説としての価値は目減りする。
春樹だと、最近は「蜂蜜パイ」(『神の子どもたちはみな踊る』内)や『海辺のカフカ』は概してハッピーエンドで、逆に『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』や『ねじまき鳥クロニクル』はバッドエンド(あるいは謎解かないまま終わる)で、確かに後者の方が(何故だか)価値高いと思う。

…この辺は、話は尽きませぬな。また、語り合いましょう!


>「村上春樹」という扉が突然現れていたことだ。
…そう、それで、春樹小説って、これまでは私小説から最も遠いモノって一般的には言われていたんだけど、今回、かなり自分を入れてきたように思った。…というのも、「父」が出てきてるでしょ、それも重要なモチーフとして。ちょっと前のインタビューかなんかで初めて父親のことを語ったときがあって、自分の中で、年齢もあってか、親子関係を問いなおしてるのが入ってるのかも。そこが新しく感じた。

投稿: Is | 2010年6月20日 (日) 21時02分

>Isくん
この前はみんなとご一緒できず残念無念!セカンドを登場させました。w

いや~~~!Isくんの洞察と村上春樹論はほんと勉強になるね~。面白い!
完全に自分の主観なんだけど、BOOK3がハッピーエンドだったこと自体は、あんまり自分の中には強いイメージは残っていないなと、Isくんのコメント読んで思ったよ。
超主観が続きますが、不思議なのは、今回は今までになくクリアにハッピーエンディングに向かって走っていった割には、よしもとばななのような「あったかい気持ちの残るエンディング」でもなく、なんかするっと抜けていった感じ。物足りないとかではないんだけど、印象が残る何かをエンディングでは残していかなかったような印象。正直なところ。
では目減りしたか?うーん、難しいところだよね。どうだろう。
個人的には読み返したくなるのはBOOK1,2かもしれない。それはBOOK3自体がBOOK1,2に比べて、現実的ぽいんだけど、それゆえに非現実的なものに感じなくもない。「こういう収束があるの?」みたいな。非現実的であり、現実にも降りているそのBOOK3のアンバランスさを分かっていながら、真相の無意識の世界に向かうためにBOOK1,2を読む自分。このあたりは書きつくせないね。

Isくんのいう、「父」の概念のもつ重要性は、村上春樹を横軸で見ていない私は気づかなかった!
今ふと感じたのは、村上春樹の世界ってほんとにユングの「夢分析」に使われるような、現実の意識の世界から無意識の世界にこぼ落ちた思考や「~なはず」「~だったかも」を象徴する混沌とした世界だね。
村上春樹自身の投影もかなり出てきてるんだろうね。

投稿: ともこ | 2010年6月24日 (木) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506586/48675876

この記事へのトラックバック一覧です: 村上小説面白い。:

« 『残念な人の思考法』 山崎将志 日経プレミアシリーズ  | トップページ | 村上小説と私の、微妙なバランス関係 »