« 2010年3月7日 | トップページ | 2010年4月6日 »

365日

名曲。

そして、涙が流れるよ。

愛情溢れるメロディー、歌詞、映像。三位一体です。

ミスチル大好きだ。

CM版

365日  桜井和寿

『聞こえてくる 流れてくる
君を巡る押さえようのない思いがここにあんだ
耳をふさいでも鳴り響いてる
君が好き 分かってる 馬鹿げている
でもどうしようもない 目覚めた瞬間から
また夢の中 もうずっと君を夢見てんだ

同じ気持ちでいてくれたらいいな
針の穴に通すような 願いを繋いで

365日の言葉を持たぬラブレター
とりとめなくただ君を書き連ねる
明かりをともし続けよう 心の中のキャンドルに
ふっと風が吹いても消えたりしないように

たとえば「自由」  たとえば「夢」
あてにしてたどんなフレーズも 力をなくしたんだ
君が放つ稲光に魅せられて

「一人きりの方が気楽でいいや」
そんな臆病な言い逃れは終わりにしなくちゃ

砂漠の町に住んでても 君がそこにいさえすれば
きっと渇きなど忘れて暮らせる
そんなこと考えてたら
遠い空の綿菓子が
ふわっと僕らの町にはがれて落ちた
君に触れたい
心にキスしたい
きのうよりも深い場所で君と出会いたい

365日の心に綴るラブレター
情熱に身を委ねて書き連ねる

明かりを守り続けよう 君の心のキャンドルに
ふっと風が吹いても 消えぬように
365日の君に捧げる愛の唄

聴こえてくる 流れてくる
君を巡る想いのすべてよ
どうか君に届け 』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「今」は神様がくれたプレゼント

Famous quotes -

"Yesterday is history.

Tomorrow is a mystery.

Today is a gift.

That's why it's called the present."

どこかで聞いたことのあった言葉だけど、とても印象的ではあった。

最近読んだ本に書いてあって、久しぶりにその意味合いに深く感動。

英語ってレトリックが本当に進んでいて、その美しさには感動する。

「今日」「イマ」という瞬間、そしてhistoryに刻まれていく一瞬一瞬。何がくるかわからない明日。自分の積み重ねてきた歴史が土台にして、今のこの瞬間を与えられている。この先がどうなっていくのか分からないけれど、確かに一歩一歩を踏みこんで、ふみしめて、前へ進んでいくしかない。

***

先月お食事を一緒にしたお客さんは外資系のエグゼクティブの人で、彼は少しもえらぶることがなく、人の話を聞いてくださる。とても誠実さを感じる人だった。

その方が言っていた - 優れた人とは、自分の歴史の重みを認識して、それをきちんと年々棚卸ししている人だと。

今年度が今日終わるけど、どんな2009年度だったかな。今日はもう一度振り返って、自分が積み重ねてきたものを見てみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月7日 | トップページ | 2010年4月6日 »