« 2009年11月16日 | トップページ | 2009年12月31日 »

「GIFT」 Again!

Supermarket FantasyのライブDVDをゲットして、改めて聞いてみたら。

毎回自分に刺さる歌詞が違う。それがミスチルの素晴らしさ。

今回はGIFTの、

『「本当の自分」を見つけたいって言うけど
「生まれた意味」を知りたいって言うけど
僕の両手がそれを渡す時 ふと謎が解けるといいな
受け取ってくれるかな

長い間君に渡したくて 強く握り締めていたから
もうグジャグジャになって 色は変わり果て
お世辞にもきれいとは言えないけど』

「長い間君に渡したくて強く握りしめていたもの」

これは何なのだろう、とふと思った。 

ぐしゃぐしゃになって、色も変わり果てているもの。

人を愛するという気持ち、を含むContainerである「私」かもしれない。

そう思った。

純粋に物事をとらえる子供のような視点は、色々な人の間にもまれ、悲しみ、苦しみ、ごろごろと転がって、ぐしゃぐしゃにもなって。

でも「私」は、「あなた」に向かって、「あなた」のような人に巡り合いたくて、

偶然のような必然に向かって、ここまで来たよ。

そんな歌詞として、自分に刺さった日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月16日 | トップページ | 2009年12月31日 »