« ベートーヴェン三昧 | トップページ | 人へのぬくもり、真剣さ »

鏡とぬくもり

これが自分か・・・と思った矢先に、

また、

これが自分か?と思ったり。

やっと突き抜けたと思ったら、

また、

まだ覆いかぶさっていたと思ったり。

幾重にも重なる自分というものに、喜んだり失望したり。

自己から世界を見ると、どうしてもそういう形で見えてしまう。

鏡に映る「自分」を、自分の思い描く「自分」を、映し出したくてそう思ってしまう。

「自分」にとってはその「自己の世界」にいる鏡の前の自分を、後ろを振り返って「自分」を見なくてすむように、そんなこと気にしなくていいようにしてくれる存在が、他人なわけで。

もっと正確に言うと、『他人』ではなくて、人からの『あたたかさ・ぬくもり』なのではないかと最近妙に感じる。

人と人を感じさせてくれる温かさ。直接伝え合うぬくもり。

それがあることで「自分」は振り返って、自己を見る鏡を捨てられる。

そこにアナタがいて、アナタのもつ温かさが伝わってくることで、自分を抜け出せるものがある。

|

« ベートーヴェン三昧 | トップページ | 人へのぬくもり、真剣さ »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506586/46594567

この記事へのトラックバック一覧です: 鏡とぬくもり:

« ベートーヴェン三昧 | トップページ | 人へのぬくもり、真剣さ »