« 2009年7月4日 | トップページ | 2009年7月12日 »

「自分」が考えている場所

Wtr0059024_m (自分の中の世界のイメージは、青ですね。)

よく、腑に落ちないとか、腹に落ちるとか、言うけど、人が「おぉ、分かった!」って感覚になるときって、おなかのあたり、または内臓をさしてる。

ここに何かいるらしい。脳みそでない何かが。

英語でも、gut feeling = 内臓の気持ち = 直感で、日本語とおなじとこをさして言う。gut instinct = 内臓の本能 = 直感も同じ。

なんでこんな話になっているかというと、これが最近、自分の中のちょっとした流行なので。

この前後輩の恋愛相談にのってたのがきっかけで、ふとした時間に、「彼女(後輩)と合うのはどういう人かなぁ」「自分はなんで相方とつきあって、結婚するんだろう」など考えていた。ベッドに入って、色々と、あーでもないこーでもないと思い巡らせていたときに、ふと気がついたことがあった。

私の体はベッドの上で動いていない(呼吸はしているが)。でも、自分の中の自分はものすごいバタバタしている。「こうかな~、いや、どうかな~。こういうこともあるしな~、こっちはいいかな~」などとあっちこっち自分が考えているとき、自分の中にいる自分の場所を感じた。

胸のあたりに、確かに「意識としての自分」がいる。少なくとも私の感覚では。

そう考えると、はて。私の隣でぐーすか寝ている相方の中にも「意識としての相方」がいて、それが彼の体の中でバタバタと動いたりしているのかな。とすると、「意識としてバタバタしている自分」は、実は、相方の体の中にいる「「意識としてバタバタする相方」と会話をしているのか。とすれば、自分が見ている相方には顔も体もあるけれど、「意識としてバタバタする(バタバタしていないかもしれないけど)相方」と私は話をしているのか。

おぉ~~~そうかっ!とすると、自分は「この人と合うなぁ」と思っているときは、その人の体の中にいる「その人」と話をしていて、そう感じているのかもしれない。

ガンダムの中のアムロ青年のような位置に、「自分の意識くん」がいるような気がする。そして、基本的に自分は「自分の意識くん」のいる場所から感じて話をしている人なのかも、と思ってきた。腹まで下にいかないけど、胸付近。ちょうど胃の位置かな。

一方、脳みそのある場所(頭の表面)で話す私もいる。仕事のときによく登場するけど、ロジカルに外の情報を分析して理解したり、発信したりするときには頭で喋っている気がする。

両方を使い分けてみてもいいかもしれない。ロジカルに客観的に分析的にみるときは、脳みその表面(?)で考えて話す。相手を思いやった上で話をする、自分の思い、感じたことを伝えるときは、胃のあたりで考えて話す。

教えるときにもうまくいくかなー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月4日 | トップページ | 2009年7月12日 »