« ジョーク | トップページ | 流動していたいから »

"Her Morning Elegance" Oren Lavie

今日は土日仕事の分、午前中がお休み。You Tubeで色々見てたら、かなりはまった

"Her Morning Elegance" Oren Lavie

2007年の曲だけど、こういう曲って一番色々考えたりするのに好きな声+曲調。しかもPVがすごい!Fantastic! 全てがベッドの中だけど、PVの彼女の日常が詰まって描かれている。

===================================

And she fights for her life as she puts on her coat...

アメリカにいた時のDAYSがフラッシュバックする感じ。

今ももちろん日本にいて仕事をしてるのだけど、異国の地にいて生活している時ってまた違う感覚で仕事をしていた気がする。

一歩外に出たら「外国人」。それなりに居心地のいい自分の場所になったとしても、やっぱり外には自分のココロで考える言語と違う言語を話す人たちがいて、見た目も違うし、一歩でたときにアンテナが敏感に働いている。

違う世界を自分のものにしていくために周波数をアナログでかえていっている。少しずつチューニングして、ずれたら直して。

コミュニケーションモードも常にupbeatなものにしてしまう習性がついてしまって。

それはそれで、慣れれば楽な空間にもなる。みんなが「異」のだから、「異」であるという共通項がある。それを受け止めると楽に感じられるところもある。

でも、今自分の家を一歩出たときと、あの時の自分が家を一歩出たときとでは、自動的に体が反応していた感覚が違っていたことを思い出した。

この曲調?2007年なんだけど、なんかオーストラリアで聞いていた80年代後半のロックでもこんな感じのがあった気がするから、なんか異国にいた感覚が戻ってくるのかな。

Sun been down for days
A pretty flower in a vase
A slipper by the fireplace
A cello lying in its case

Soon she's down the stairs
Her morning elegance she wears
The sound of water makes her dream
Awoken by a cloud of steam
She pours a daydream in a cup
A spoon of sugar sweetens up

And She fights for her life
As she puts on her coat
And she fights for her life on the train
She looks at the rain
As it pours

And she fights for her life
As she goes in a store
With a thought she has caught
By a thread
She pays for the bread
And She goes...
Nobody knows

Sun been down for days
A winter melody she plays
The thunder makes her contemplate
She hears a noise behind the gate
Perhaps a letter with a dove
Perhaps a stranger she could love

And She fights for her life
As she puts on her coat
And she fights for her life on the train
She looks at the rain
As it pours

And she fights for her life
As she goes in a store
With a thought she has caught
By a thread
She pays for the bread
And She goes...
Nobody knows

And She fights for her life
As she puts on her coat
And she fights for her life on the train
She looks at the rain
As it pours

And she fights for her life
Where people are pleasently strange
And counting the change
And She goes...
Nobody knows

|

« ジョーク | トップページ | 流動していたいから »

音楽」カテゴリの記事

コメント

これ、いいわ~~~~~
パラパラ漫画みたいな地道な感じと、
色んな世界に無限に飛んでいく感じが
たまらない。夢見てるときってほんと
こんな感じなんだよなぁ。
こういう音楽も好きだなぁ。

投稿: la strada | 2009年6月11日 (木) 01時13分

>la stradaさん
そう!すっごい良くないー?地道に組み合わせた1つ1つのコマを切り取った時には見えないストーリーが、時間の流れにのせた時に現れてくるのがなんとも言えず素敵。ぱらぱら漫画だよね(笑)

個人的には深く暗いところに沈んでいくところが好き。内的世界で闘っているようだよ。「地下水?」

こういう音楽も、私好きなのよ!賛同者がいて嬉しいわ~
Rockでも、昔だとAlanis Morissetteとか、Vanessa Paradisとか好きでした。

投稿: ともこ | 2009年6月14日 (日) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506586/45284182

この記事へのトラックバック一覧です: "Her Morning Elegance" Oren Lavie:

« ジョーク | トップページ | 流動していたいから »