« 2009年5月26日 | トップページ | 2009年6月9日 »

ジョーク

ただいま "Joke Book" を勉強中。

なんか気の利いたことを一つ・・・っていうためじゃなくて、ネイティブ(特にアメリカ人かもしれないけど)と仕事をする時に、難しい局面であればあるほど、「上手なwitのきいたジョーク」が言えるかどうかが、場の雰囲気を打開するキーとなる。英語力が高くなればなるほど、(後、立場が上になればなるほど)案外必要となるらしく、お客さんからの要望も多かった。

調べてみると・・・意外と面白い!親父ギャグを英語にしただけのものもあるけど(でも親父ギャグも英語だと面白いけどね)、宗教や文化、地理、職業など、それぞれの特徴や特性をしっかいと意識しているからこそ、ジョークとして成り立っているものが多い。

職業でいえば、弁護士、エンジニア、医者、車のセールスマン、警察官、ミュージシャン、芸術家はそれだけで項目が立つほど(「Lawyer Joke」みたいに)アメリカでは注目される特徴的な職業らしい。ブラックジョークもたくさんあるけど、でもなんか笑える感じ。

それも、かなりの詳細な特徴を押さえている=そこで言われる台詞、行動、嗜好などを捉えている

Light Bulb Jokeは一番分かりやすいやつ。

---------------------------------

>How many Tech Support folks does it take to change a lightbulb?

We have the same lightbulb here, and it's working fine. Can you tell me what kind of system you have? Ok. Now exactly how dark is it? Ok, there could be four or five things wrong...have you tried the light switch? 笑。たぶん、これはあるあるネタなんでしょう。

---------------------------------

>How many Microsoft engineers does it take to change a lightbulb?

One. But you are going to be downloading patches for years after he does.

これもあるあるネタかも。

---------------------------------

>How many surgeons does it take to change a lightbulb?

None. You don't need it out today, but if it continues to give you trouble in the future, you should consider removing it.

どれも、あるあるネタ。

---------------------------------

物事の見方の違いを感じる。

日本はたぶん、そんなに物事の特徴を明確に意識していないだろうし、なんか特徴が出るようなジョークを言うと、逆に笑えるようで笑えなかったり。皮肉っぽくなるし。タケシとか松ちゃんみたいにうまいこと言わない限りダメなのかなー。

そうか、「皮肉」の感覚がネイティブの方がないかもしれない。皮肉っぽく言われたことを上手にユーモアに変えたりして。

宗教ジョーク(イギリス国教会、バプティスト、メソジスト、ルター派、カルヴァン派など)、それぞれの特徴をよく表している。ある程度文化的な教養も必要なのかも。

仏教でいえば、浄土宗、天台宗、禅宗、密教等のジョークがある感じ?今の日本じゃお坊さんの内輪ネタジョークにしか使われないんじゃないのかなぁ。

日常のふとした違いを意識するアンテナ、非日常まではなれずに掴み取るのがジョーク/笑いの真髄。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

戯言:インプット⇒こねくりまわして煮込む煮込む⇒アウトプット

アウトプットを意識して、インプットをするわけではないけれど。でも、インプットからアウトプットに行く途中の状態のまま、物事を置いておくと、最近フラストがたまる。

-----------------------------

0)インプットする

     ↓

1)インプットしたもの=ファクト・無機的な情報 を、自分なりの理解にまとめる。新たなアイディアにつなげていく。「あぁ、これって、こういうことなのか」「これがこうなるってことは、これと似たものではないか/対立するものではないか」

     ↓

2)言語化してアウトプットする

-----------------------------

フラストの理由。なぜだろう。

2)は時間が必要。

2)は言語の力が必要。

案外、2)にするためには1)が不十分 というところに原因がありそう。

とすると、2)でフラストなのは、1)が生煮えだからかな。

たぶんそう。

こねくりまわして煮込む煮込む

それが足りないようだ。

とすると、フラストの原因は1)かな。

1)を煮込むために、物理的にだけでなく、精神的に「独り」でいる方が自分はやりやすい。「独り」を感じる時間が確かに最近少ない。それは人生にはいいことでもある。でもどこかでまとめないと、生煮えで腐ってしまうようで、怖くなるときがある。

閉じ始めてきているのか、怖い。

------------------------

「読書について」 ショーペンハウエル

「精神も、他人の思想によって絶えず圧迫されると、弾力を失う。食物を取りすぎれば胃を害し、全身をそこなう。

精神的食物も、とりすぎればやはり、過剰による精神の窒息死を招きかねない。多読すればするほど、読まれたものは精神の中に、真の跡をとどめないのである。つまり精神は、たくさんのことを次々と重ねて書いた黒板のようになるのである。したがって読まれたものは反芻され、熟慮されるまでに至らない。

だが熟慮を重ねることによってのみ、読まれたものは、真に読者のものとなる。食物は食べることによってではなく、消化によって我々を養うのである。それとは逆に、絶えず読むだけで、読んだことを後で更に考えてみなければ、精神の中に根をおろすこともなく、多くは失われてしまう。しかし一般に精神的食物も、普通の食物と変わりはなく、摂取した量の50分の1も栄養となればせいぜいで、残りは蒸発作用、呼吸作用その他によって消えうせる。」

今日は少しだけこねこねする時間を取って、寝よう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月26日 | トップページ | 2009年6月9日 »