« 「後世への最大遺物」 内村鑑三 | トップページ | 竹取物語 »

同世代性×同時代性

同じ時代に、同じ流行のキャラクターで、興奮と感動とトキメキを、それぞれが違う場所でしているこの奇跡。同じ時代に、同じニュースを聞いて、また心を揺さぶられているこの奇跡。そして同い年ではなくても、人生のそれぞれの帯が微妙に重なっている先輩、後輩。それぞれがそれぞれに互いに影響しあってる。

すごいなぁ、素敵だなぁ。最近は特に、「自分が自分であること」は、「他人が自分の周りにいてくれること」なんだなと改めて感じます。

090509_142428bikkuri

で、なぜか『ビックリマンシール』。引越し前に掃除してたら出てきた出てきた。というか、なんで東京にまでこの子たちは一緒についてきているのか不明。君たち、イマイチ名前も覚えてないけど(ヤマト神帝とかメジャーどこしかわかんない)、ごめんねー。特に雑魚キャラたち。君たちがいなくては、ヒーローは輝いてみえないのよ。(ただ、今見ると雑魚キャラは結構力入ったアート性を感じるけどね)

友人いなばくんのブログですっかりビックリマントークに熱くなってしまったけど、(彼の創作『オリジナル いなばビックリマン』にも相当関心!)、やっぱりね、なんかいいんだよね、あの時代のものって。子供のころって特別なんだよなー、ほんと。たぶん、高校・大学の頃と違って、なんかもう、無心にそればっかりおっかけて、一日中その話をして、帰っても妄想の世界の中にいる、それがまた楽しい子供時代。

『ビックリマン』って言葉を聞いて、心のときめきを感じる!

あの頃の想いがぶわっとよみがえってくる!(おとこの子目線。笑)

で、それを話したり、ブログ上で思いを交わしたりすると、不思議と昔からみんな知り合いで、一緒にいたんじゃないかな?くらいの気持ちになってくるわけで。

共通した想い、そして今につながる学びみたいなものを話していると、ほんとに自分の人生の大きな部分で一緒にいたような気持ちになります。

『ビックリマン』はもちろん一部でしかないけれど、でも大事な一部なわけで(少なくとも子供の自分には)、それを通って育んできたものは確かに存在していて。そして誰もがそれをもっているわけで。

とりあえず、ぶわっと思ったことを書いておわった。いいねー、アラ30!

|

« 「後世への最大遺物」 内村鑑三 | トップページ | 竹取物語 »

つながり」カテゴリの記事

コメント

こうやって、点と点がつながるのだろうねー。

それは見てたテレビ番組、聞いてた音楽、遊んだゲーム、読んでた漫画・・・・

当時は、こうやってお互いが思い出を確認しあうなんて夢にも思わなかったのに、こうやって点と点が線になる。

そして、今こういう状況の点も、きっと未来には何かの線の一点になっちゃうんだろうね。

不思議ー!

投稿: いなば | 2009年5月 9日 (土) 19時07分

うん、ほんとそうだよね~
全てのものが一瞬一瞬の出来事だけど、それが振り返ったときに色んなつながりを持ってるよね。
最近は特に色んな過去の経験が、色んな人が、色んな想いがつながっていることを感じます。

で、それが稲葉さんのビックリマンのネタ+自分が引越し準備中にビックリマンが出てきたこと、の2点でまた偶然つながった!

投稿: ともこ | 2009年5月12日 (火) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506586/44951909

この記事へのトラックバック一覧です: 同世代性×同時代性:

« 「後世への最大遺物」 内村鑑三 | トップページ | 竹取物語 »