« 同世代性×同時代性 | トップページ | ■スピーチ:ベンジャミン・ザンダー氏 "classical music with shining eyes" »

竹取物語

S200509291122421

昨日仕事でアメリカ人のライターの人と話をしていたら、彼の昔書いた雑誌の記事で、面白いものを見せてもらった。

テーマは「竹」について。

氏は尺八を習っていたこともある日本好きの人だけれど、彼が日本に来て最初に素晴らしいと思ったものに「鯉」と「竹」があったらしい。

日本人にとっては、どっちも普通のもの。おじいちゃん宅にいけばあるかな、みたいなものであり、今は東京では見られないけど特別すごい感じはしない。

彼は「竹」自体の魅力もさることながら、日本人が「竹」という自然に育つ植物と共存して、合わせて生きてきたことに感動していた。

「竹」の持つ、背の高さ、生育の早さ、中の空洞、密集して育つ様・・・それらの特徴を生かし、理解した上で、上手に「竹」を愛し、育み、食し、日本人は育ってきた。

暑い日には日陰に、

空洞をくりぬいて楽器に、

空洞から姫が生まれる物語に、

ゆでておいしい食べ物に、

尺八を、Bamboo Flute っていうのも、美しさがまた際立つ。

こういう逆の視点、外から見た日本の美しさを聞くのは本当に感動する。特に丁寧に物事を考えて、捉えようとしている人と出会うとすごく感動する。

ちなみに、竹関連で、日経BPにこんな記事も発見。

「日本古来のエコ素材 『竹』が世界を変える!」

竹再発見!

|

« 同世代性×同時代性 | トップページ | ■スピーチ:ベンジャミン・ザンダー氏 "classical music with shining eyes" »

自然・空・地球」カテゴリの記事

コメント

!!竹ネタ参戦!
私の大好きなお寺なのだけど、鎌倉の報国寺というのがあって、そこは竹林がとても有名なのです。
なんだかお寺本来の持つ荘厳さのみならず竹林の存在で、すべての音が足元に落ちてくるような静けさとみずみずしい青に心癒されるのです。
北鎌倉の建長寺派(臨済宗)の禅宗寺院なのです。
初めて訪れた時には全く何宗なのかとか知らずに行ったのだけど、鎌倉さんぽではいまや毎回必ず訪れるお寺です。(中で竹林を眺めながらお抹茶をいただけるのだ♪)

日経BPの記事も見せてもらったけど、たしかにね~。
いろいろ用途があるうえ、「タケノコ」っていう食材。
しかも私たちの生活に根付いているものでいえば、「あおたけふみ」。お風呂屋さんとかにぜったいあるものね~

あの、成長の段階で節目を作りつつ、まっすぐと上へ上へと伸びていく姿が、何より美しいですね。

投稿: maki | 2009年5月10日 (日) 12時13分

>makiさん
一緒に、「日本、ふしぎ発見!」ですね。笑

鎌倉の竹林いいですね!随分ながらく鎌倉に行っていないですし、禅宗寺院ということで興味津々です。そういえばIsくんにお会いしましたが、彼は鎌倉出身でしたね。お話を聞いていると改めて素敵なとこだよな~、と思いました。makiさんともぜひぜひ遊びに行きたいですね。

そういえば「竹を割ったような性格」というのもありましたね。形容詞に出てくるほど、その特徴が私たちに身近なんですね。竹の緑も美しい。焼いたときのベージュっぽい色になったときも美しい。自然に存在しているものの美しさを改めて感じます。

投稿: ともこ | 2009年5月12日 (火) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506586/44952028

この記事へのトラックバック一覧です: 竹取物語:

« 同世代性×同時代性 | トップページ | ■スピーチ:ベンジャミン・ザンダー氏 "classical music with shining eyes" »