« 「転生」詩の朗読会 | トップページ | Supermarket Fantasy ライブ! »

心の震えをありがとう

自分の周りで、どんどん人々が色んな花を咲かせている。突き抜ける感覚をもてるのって、それだけ丁寧に世の中を見て、世の中と向き合い、誠心誠意考え抜いてきたからだろう。そういった人々が周囲にいること。それをwitnessできること自体、奇跡的なんじゃないかなって、そういう人たちを見て、思う。自分にも正直なんだと思う。まっすぐなんだと思う。当たり前にできることじゃない。勇気がとてもいることだ。孤独を通って初めて、世界と向き合えるんだと思う。世界からつかまえられるのだと思う。

美しい存在。そんな素敵な皆さんに、そして皆さんの周りにいる人々に幸せの光が降り注ぎますように。そう、祈りたくなる、そんな穏やかな気持ちでいる。

ミスチルの『花の匂い』で溢れている私です。

『花の匂い』 Mr.Children

『届けたい 届けたい
届くはずのない声だとしても
あなたに届けたい

ありがとう さよなら
言葉では言いつくせないけど
この胸にあふれてる

花の匂いに導かれて
淡い木漏れ日に 手をのばしたら
そのぬくもりに
あなたが手をつないでいてくれてるような気がした

信じたい 信じたい
人の心にある 温かな奇跡を信じたい

信じたい 信じたい
誰の命もまた誰かを 輝かすための光

永遠のさよならをしても
あなたの呼吸が私には聞こえている
別の姿で 同じ微笑みで
あなたはきっとまた 逢いにきてくれる

どんな悲劇に 埋もれた場所にでも
幸せの種は 必ず植わってる
零れた落ちた涙が じょうろ一杯になったら
その種に水を撒こう

人恋しさを メロディーにした
口笛を風が 運んでいったら
遠いどこかで
あなたがその目を細めて聴いている

本当のさよならをしても
温かい呼吸が私には聞こえている
別の姿で 同じ眼差しで
あなたはきっとまた 逢いにきてくれる』

本当のさよならはまだ私たちに来ていないけど、今も人生の先もその先もまた同じ笑顔で逢いたい。

|

« 「転生」詩の朗読会 | トップページ | Supermarket Fantasy ライブ! »

つながり」カテゴリの記事

コメント

孤独を付きぬけ、他者と呼応すると孤高への道で、他者が不在だと孤立なんだと思いますね。

そういう意味で、自分としては他者によって書かされたというか、他者によって突き抜けさせてもらったっていう感覚が強い。 最近は、本当に長い間の問いが少し明確になってきてうれしいものです。
思えば、程度の差こそあれ『自己と他者』に関しては小学4年くらいから追っかけてたテーマですし。

それにしても、花の匂いは心にしみるなー。
『ありがとう さよなら
言葉では言いつくせないけど
この胸にあふれてる』
同じ心境です!こちらこそアリが十匹!

投稿: いなば | 2009年4月21日 (火) 23時57分

ともこさんのそのふわっとした優しさと温かさが
伝わってきて、じーんとしてしまいました。

じーん。

花の匂い聴きました。何度も聴きたくなるねー。
こちらは、今日はとってもよいお天気!
お花屋さんの横を通ったら、すごくいい花の
香りがふわーっとしてきて、この歌とともこさん
のことを思い出しました。

投稿: la strada | 2009年4月22日 (水) 01時21分

>いなばさん
いやー、いなばさんの目の前に光がぱぁっと広がっていったような映像が浮かんできました。自分の人生と交差する他者の人生の中で、重要な局面に偶然いることができたのは、ほんと嬉しいです。
今度「花の匂い」歌ってもらわなきゃねー。(あ、ライブ後に、少年に続けとばかり、最近聞いているのは「終末のコンフィデンスソング」です。これもいいわー)

投稿: ともこ | 2009年4月24日 (金) 20時30分

>la stradaさん
いえいえ、la stradaさんが本当に素敵な方なんですよ。私はそんな素敵なla stradaさんから幸せをもらっている者です。ほんとに。

私もじーん。

花の匂いが、la stradaさんに届いているようで、嬉しいです。

こちらはお勧めのScottish Fantasyを聴いてます。第1楽章の寂しげな荒野を思わせる音色から、第2楽章で光が射してきて、第3楽章でなんだか穏やかさの中にちょっぴり寂しさありみたいな・・・そして!第4楽章は高揚感がいいですね!(勝手な解釈ですみません・・・)弦が美しいです。第3楽章メロディーもきれい!
第4楽章も軽やかっ!すごいなぁ・・・タータタタータラッ(?)!

生の演奏もぜひ聴きたいですね!

投稿: ともこ | 2009年4月24日 (金) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506586/44737846

この記事へのトラックバック一覧です: 心の震えをありがとう:

« 「転生」詩の朗読会 | トップページ | Supermarket Fantasy ライブ! »