« ほんとに戯言。日本人のコミュニケーション | トップページ | 心の震えをありがとう »

「転生」詩の朗読会

作家 田口ランディさんと、マリンバ奏者 通崎睦美さんの詩の朗読会を聞きにいった。正直、これほどまでに衝撃を与えられる場になるとは想像もしておらず、その空間にいてただただ、呆然としてしまった。全てが未体験ゾーンなんだけど、なんか、もう、体験するとか体験してないとかを超えて、どこか懐かしい気分がするくらいだった。
マリンバは自分にとって初めて見る楽器で、音も聞いたこともなかった。朗読会も初参加。一体どんな場になるのかも想像がつかなかったし、マリンバ奏者の通崎さんも初めて知った。朗読をする作家の田口さんも、小説を読むまでは名前も何となくしか知らなかったし、見たこともなかったので、自分にとっては実体があってないような方だった。それが・・・・・・!!!

この融合が実に素晴らしかった。会場が四ツ谷の「コア石響」という会場で行われたので、その石の壁がもたらす音の反射がすごい。ぼぉ~~~ん、という木管に似た野太い低音が、自分に衝撃波の形でぶつかってくる。最初の3分間くらい、正直頭がくらくらした。すごい空気の対流だった。観客一人ひとりから出るオーラのようなものが上にあがっていって、それが一体となりマリンバの音と溶け合っていくようだった。すごい。通崎さんがマリンバとともに、私たちを完全に物理的に捉えてしまっていたようだった。彼女の動きとともに自分が動いてしまいそうだった。それくらい空気が一緒に動いている感覚だった。

田口ランディさんの朗読もすごかった。友人いなばさんが勧めてくれた『パピヨン』から始まり、『聖なる母と透明な僕』、『ソウルズ』、『寄る辺なき時代の希望』を読んでいたので、彼女の持つパワーは言葉から感じていたけれど、彼女の発する声を通して、彼女の生命エネルギーを改めて感じた。彼女のエッセイを読むと、壮絶な人生を送ってきている人だということは分かるけれど、嘘のない、まっすぐな人のもつエネルギーとオーラを感じた。どんな相手にもエネルギーをぶつけていく、そんな方だという印象を受けた。彼女の詩は常に「生と死」を考えさせられるものであり、人によっては「怖い」と感じられるものだろう。(今回の詩は、「転生」という本からの引用らしい)自分もたぶん以前の私だったら、彼女の詩を聞いたときにもっと怪談のような、怖い思いをもったかもしれなかった。でも、不思議なのだけど、先週彼女の短編集『ソウルズ』の「真似のうまい人」の中の一節を読んだときに、妙にはっきりと、自分の「生と死」の捉え方が変わっていることに気づいた。

「魂が抜けると肉体は別の行き方を始めます。土に戻ろうとするのです。魂のほうは肉体を出ると宇宙に戻ろうとするのです。二つのものが合わさって地上で生きものになっている。そのことを知りました。生きるということは究極の真似なのです。魂が土から生まれた肉体に宿り、自分以外の存在を真似てこの世界を学ぶことが、この世で生きるということです」 

生は循環していく。死は生であり、生は死である。空即是色、色即是空。
また、陰と陽のように二つの一見逆のようなものが合わさって一体となり、生を受ける。それが自分。生を受けた後で自分と他者という世界の中で、影響を受けて影響を与えて、自分も他者もそれぞれに1つになる。そう考えていたら、死というものが終わりでなく、その後も「おっ、久しぶり~」的に思える人に会えるんじゃないか。また、「あいつ、元気にやってるかな、そのうち会えるだろうな。わくわく」みたいに、今を共有している人たちとの再会を、それはそれで楽しみに待ってたりする世界がありそう。
じゃあ、今一緒にいる人は?今物理的には離れてるけど、近所にいる感覚がしている人たちとの関係は?それも同じかもしれない。言葉を直接交わせればそれはとても嬉しく、楽しいことだけど、互いにブログを書いて互いの持つ時間軸の中で読んでたり、夢の中で会ってなかった人と会話したり、ココロの中でふと離れている人を思い出していたり、それだってある意味プチ「死」の後みたいなものでは?ちょっぴり違う時間軸で生きていて、「元気かな~」って思う。たまたま、今の世界ではすぐに話ができたり、ブログを書きあったりはできるけど、あっちの世界にいったら、ブログを書いてから返事を待ってるくらいの短い時間で、生~死までの時間を感じられるかもしれないしねー。

なんか、とにかくすとんと、自分の中で理解が落ちた。
その意識があったから、田口ランディさんの詩をそれほど恐ろしいと感じなかった。(唯一恐ろしかったのは、業について考えた時かな。自分も、誰もが持つ業を考えると、少し怖くはなった)
それよりも、マリンバの音、朗読の声、通崎さんの動き、田口ランディさんの動き、より親しい人々の動き、知らない観客の方々の動き、全てが石で囲まれた部屋の中で空気が一体になったことを感じ、心地よさを感じていた。ここに集まった人々が、同じメンバーで一緒に集まることは二度とない。そこでしか出せない空気がある。その一期一会も改めて自分の心に感動を招いたし(英語的な日本語になってしまった・・・)、本当に素晴らしい経験をしたと思う。

この会に誘ってくれた、いなばさんの熱いブログはこちら

>いなばさん、makiさん、ありがとう!夜の食事会もまた刺激的でした~!

|

« ほんとに戯言。日本人のコミュニケーション | トップページ | 心の震えをありがとう »

アート」カテゴリの記事

コメント

いやはや、熱かったですね~。
音波、その勢いで後ろに反りかえりそうに、何度かなりました。
なんだかとても今の自分には響くテーマだったと思います。マリンバの音の色も詩の内容も、佐伯さん始め皆さんの言葉も、10年前の私では「??」となってしまっていたかもしれない。

ともこさんの文章の中にあった↓
>>>
じゃあ、今一緒にいる人は?今物理的には離れてるけど、近所にいる感覚がしている人たちとの関係は?それも同じかもしれない。
>>>
のとこ。

すごくわかります!!
あの「つながっている感」はなんだろう、と思っていていま一つ自分の中でしっくりくるものを見つけられないでいたんです。でも、『それだってある意味プチ「死」の後みたいなものでは?』に、相当納得です。

物理的な近い遠いではない「繋がり」が、時空をも超える「魂的」なものが、あるのだと信じてやまない今日この頃。
「しんでしまったら、もういない」のではないのだと、痛感する今日この頃。

投稿: maki | 2009年4月20日 (月) 15時54分

>makiさん
そう!ほんとにすごかったですね~カメハメ波まではいかないですが、結構なインパクトがありましたよね!二人でゆらゆらしちゃいましたね 笑

なんか、今私の周りにいる人々と大事に、大切に過ごしている時間(物理的にだけでなく、精神的にも)を考えると、それがそのまま死んだ後にも続くものかもしれないなと最近思います。もし万が一私が先に今の人生が終わったとしても、「お、じゃぁmakiさん一足先に待ってるねー」みたいな。それであっちで会ったら、「makiさん!待ってたよ~。」みたいな。そいでもって「いや~あの時のマリンバすごかったよね~。気功砲みたいだったね」みたいな。(DBばっかですみません。でもフリーザまでしか知らないの)
そんなのありそう!

投稿: ともこ | 2009年4月20日 (月) 23時35分

どちらかが先に…なんてことになったとしても、その時の「じゃあ、一足お先に」の「じゃあ」は
『さようであるのならば』
ですものね。
ま、ひと休止おいて、次行ってみよ~的なね。
連続性を感じますね!

…それにしてもさすが、マンガの巨匠ですね。
ドラゴンボールとかは有名マンガでまあよしとしても、先日突然「花の慶次」って、ともこさんの口からポロッと出たとき、これはかなりレア少年漫画まで把握してるなって実は気づいてますよ。
自分も男兄弟の中育ってきたため、少女マンガより少年漫画の面白さにはまる気持ちはよくわかります。

って!脱線失礼いたしました!

投稿: maki | 2009年4月21日 (火) 23時21分

>maki-san
そうそう、『さようであるならば』は、ほんと素敵な概念だな~と思って、感動しました・・・キレイだな~ポエティックな日本人の感性豊かな側面を誇りに思います。

漫画・・・そうですねー、大好きです。最近はいなばさんに借りたやつと、お姉ちゃんが買ってくるナルトしか読んでないんですが、漫画少女でした。少女マンガも好きですよ、うちらの世代だと「ときめきトゥナイト」とか!真壁くーん!
すみません、本は大学からしかまともに読んでいません・・・またこの辺も大いに話しましょう!笑

投稿: ともこ | 2009年4月24日 (金) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506586/44725560

この記事へのトラックバック一覧です: 「転生」詩の朗読会:

» 田口ランディ×通崎睦美「転生」 at四谷 [吾]
■詩の朗読とマリンバのジョイント 四谷のコア石響というところで(今年の4月で閉鎖されるらしい!)、「転生」という詩の朗読&マリンバのジョイントを聞いてきた。 作家の田口ランディさんと、マリンバ奏者の通崎睦美さんのジョイント。 これは、2008-10-05に、京都法然院というお寺で開催された朗読会の、東京版再演のようなもの。 その前日まで今度は自分が京都の法然院近くにいたことを思うと、時間と空間がグルグルごちゃまぜになって、くるっと回ってつながった感じ。 →『田口ランディ・通崎睦美 ジョイント朗読... [続きを読む]

受信: 2009年4月20日 (月) 01時09分

« ほんとに戯言。日本人のコミュニケーション | トップページ | 心の震えをありがとう »