« 演奏会=舞台! | トップページ | ぎゅっとつかまれる »

月曜散歩

090316_151753_2

たぶん今は発信⇔受信モードが強い時期の様子。とりあえず周囲にアンテナを広げて、歩くのが気持ちいい!今日はお天気もいいし、空もきれいで、ほんと何もかもが色々なことを発信してくれている。

ふと見た雑草も、シドニー時代にうちの庭sで、父親とひたすら草むしりをした映像までよみがえる。

今日、大学の近くの土手で撮った、桜の木と空の写真。去年の3月末に、親友2人とほぼ同じ角度で桜と空を見上げた。大学時代は一緒にタイ~マレーシア~シンガポールに貧乏旅行に行った大事な友人達。タイの電車の中では誰もいないことをいいことに、一緒に荷物かごの上に乗ってみたり(頭上にある網の上)、線路の真ん中で手を広げたり、寝てみたり。かなり危険な子供みたいなアホなことやって楽しんでいたね。私がボストンに留学すれば来てくれたし、1人がペンシルバニアに留学すれば、遊びに行ったし、京都も栃木も一緒に色々行きました。

そして、1人はこの5月からペルーに駐在。もう1人はベースを京都に移して数年が経つ。去年に3人で来られて良かった。1年前を振り返って、心が温かくなる。じんわり・・・温かいお湯が流れていくような、そんな感じ。

桜の木には蕾がたくさんあった。たぶん後2週間で咲くんだろうな、いつもの美しい四ツ谷の桜!いつものように、やわらかい桜の花を咲かせて、みんなの心を包んでほしいな。

大学では久しぶりに1号館に入ってみた。中が新しくなっていて、外側の景観と中の新しさがアンバランス。でもそれがいいのかもしれない。外側は変わらない。私がいたころ、そしてうちの大学が出来たころのレンガづくりの一号館。その外観はそのままに、中は「今」の人たちが過ごしやすい、使いやすい、維持しやすい形になっている。それも一つの形なんだろう。卒業して8年経っても、中の複雑な通路(1号館を通っていると自動的に8号館になって、しかも3と4と9号館もくっついている意味不明な作りだが)も、分かる。

2005年に書いた記事「Sydney-2」の時も感じたけど、

http://tomosophia.cocolog-nifty.com/blog/2005/10/sydney-2.html

『不思議なもので、現地のにおい、港に吹く風を感じると、15年ぶりのはずがずっとこの街に住んできたような感覚がよみがえってきました。不思議なもので、現地のにおい、港に吹く風を感じると、15年ぶりのはずがずっとこの街に住んできたような感覚がよみがえってくる』

こういう感じににている。目をつぶっても、歩けるかもしれない。そう思って何も考えずに進んだ。そして中庭から9ピロへ。変わらない感覚、私はこの場所にいたんだ。

090316_143445 大学に行く前に、四ツ谷に来ると大抵行ってしまう、オータニの日本庭園をお散歩した。都会の中で、なんとなくボーっと日本を感じられる場所。浜離宮も好きなのだけど、ここも好き。京都とか、もっと優れたお庭は色々あるだろうけど、やっぱり四ツ谷という場所が自分には大事な想いが詰まったところであり、そこにある日本庭園は人工的な香りがしていたとしても、自分には心地よい空間。

今日も鯉はぱくぱくしてるし、庭にかかった橋の朱色は相変わらずはげていた。なんかいいね、こういうの。

私も一緒にぱくぱく。

そんな素敵な1日でした。

|

« 演奏会=舞台! | トップページ | ぎゅっとつかまれる »

自然・空・地球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506586/44370591

この記事へのトラックバック一覧です: 月曜散歩:

« 演奏会=舞台! | トップページ | ぎゅっとつかまれる »