« 2009年3月16日 | トップページ | 2009年3月20日 »

皆様へのありがとう!

このブログを一部の世間に開通(?)するにあたり、多くの人たちから勇気をいただいた。encourage=まさに勇気を中にいれる、後ろから後押ししてくれて、エネルギーをくれる、そういう感じ。「やってごらん!」って、応援しながら支えてくれながら、力をくれた。

自分がここで書いていること、想いや考えは、ある意味で「素」の自分の一部なわけで。「素」を見せることは、ある意味親しくても怖かったり(自分の場合は特に)、親しくなければそれはそれで興味ないだろうしな、と思ってしまったり。でも、「素」であること、色んな自分も自分であれ!と、様々なエネルギーをいただいてきた。

そして、開通してから、大事な人たちからメールをもらった。コメントのあるなしではなくて、自分へメッセージをくれている、そこに「素」の自分がいることを喜んでくれる人がいて、また支えてくれる人がいて。シンクロして、海外から自分のことをちょうど思い出していてくれた人もいて。今私がいるこの場所から、東京、日本、海外に「自分」というものが発信されていて、それを受信してくれる人たちがいてくれて、こんなに幸せなことってないな、と思います。

こういったプラスのエネルギー循環、プラスのフィードバックループが様々なところで起きていること、それが、世の中に大きなプラスエネルギーのうねりを生み出すのだと信じている。自分は自分のブログ&他の方のブログから、パワーをもらいっぱなしだけれど、この素晴らしい循環を経験していることが強さを生む。自分の土台となる。基礎となるのだと思う。そこから、よりよい建物を築き上げていくために、この基礎部分がしっかりしていないと、その上に建てるものはぐらついてしまう。しっかりとした土台の上に作られたお家、そこで思い思いに区切られるお部屋、その中の飾り、全てが自分なのだから。

人って、人を信じて、人を愛して、人とつながって、そうやって強くなる。当たり前のことだけど、それがあることでこんなにも自分が自分として、自分の道を歩めるのか。人を愛することは、時としてdependentな関係性にもなりうるけど、同じように互いに一生懸命、真摯に「人生で勝負してる!」人が周りにいれば、十分愛情を周囲から受けながらも同時に Independentでいることができるのだろうな。そして、幸運にも私の周りの方々は、本当に皆さんそうです。本当にありがとう!

小学校からのシドニーの友達、中学、高校の栃木の友達、大学の友達、社会人になってからの友達、まだお会いしていないけれど影響を受けている方々、もう会えないけどいつまでも影響をくれる方々、色んな人に守られていることを実感しています。

そして、そういったプラスエネルギー循環の経験を、自分の仕事を通して周りに伝えていければいいなと思います。教育という場は、幸いにも「成長する喜び」「努力したことで結果が出る喜び」「プロセスを認めてもらえる喜び」「結果を共に喜びあえる喜び」「仲間と一緒に、同じ厳しい目標に向かって努力をする喜び」そういった場を提供することができる。仕事に忙殺されると、ふと忘れがちになる上記の喜び、それはうまくサイクルをつくれば人生にとってかけがえのない経験になる。大人だって、素直に嬉しいもんなんですよ!だって、参加者は50歳を越えてたとしたって、素直に喜んでいる姿を見ているとかわいいもの!その喜びの積み重ね(当然、ある程度苦しい練習の負荷はあれど)が、それぞれの人にとって大事な瞬間になるに違いない。そう信じている。

最後に、respectという言葉、私は大事にしている。カタカナの「リスペクト」は何か意味が違う。要は、「そのもの自体の重みを感じる、認識するということ」。だからこそ、相手の”すごい性”(造語だ)についてその重みが感じられれば、それだけに「尊敬」という意味にもなるし、「尊重」という意味にもなる。よって、respect for othersは、「他を大事にすること」「他が、”他である性”に重みを感じること、それを大事にすること」だ。

なんか脱線してる・・・?でもポイントは「皆さんへの感謝」でした!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年3月16日 | トップページ | 2009年3月20日 »