« 2007年8月26日 | トップページ | 2007年12月18日 »

Make it simple

Yahooニュースで、スタンフォード大学の先生のページより面白い内容の記事があったので、引用します。

アメリカでは、よくある「~の10法則」系の内容ですが、こういうシンプルな内容であっても、私にとっては自分の行動を改めて考えさせられるものでした。こういうエッセンスに落ちた内容は、人によっては「当たり前」と見られるもの。でも、その抽出された、抽象的な言葉の裏にある数々の歴史・エピソード・経験があると思うと、自分には大事で改めて考えてしまうものがあります。

以下、quoteです。
http://www.stanford.edu/~ykonchit/Poems

<The Big Difference between Winner and Loser>

(1) A Winner makes mistakes and says: I was wrong But a Loser says: it wasn’t my fault.

(2) A Winner credits his good luck for winning even though it wasn’t luck But a Loser credits his bad luck for losing, but it wasn’t about luck.

(3) A Winner works harder than a looser and has more time But a Loser is always too busy too busy saying a failure.

(4) A Winner goes through a problem and a loser goes around.

(5) A Winner shows his sorry by making up for it But a Loser says his sorry but he does the same thing next time.

(6) A Winner knows what to fight for and what to compromise on But a Loser compromise on what he should not and fights for what isn’t worth fighting for.

(7) A Winner says I am good, but not as good as I ought to be. But a Loser looks down at those who have not yet achieved the position he has.

(8) A Winner respects those who are superior to him and to him and tries to learn from them; But a Loser resents those who are superior to him and tries to find fault.

(9) A Winner is responsible for more than his job But a Loser says, I only work here

(10) A Winner says “There ought to be a better way of doing it” But a Loser says why change it, that’s the way it has always been done.

One of life little ironies in the fact that when you finally master a tough job, you make it look easy.

今の私にとても響いたのは、(1)~(10)もそうなのだけど、(10)の後の最後の1行です。

何かを達成することは、最終的に「シンプル」なものにまでエッセンスに落とし込むことなのかな、と。

この1年間、自分はあるプロジェクトと闘ってきた感じでした。データの山に埋もれ、ノウハウをシンプルなものに絞りこめず、複雑化は進み、大量に無駄な動きをし、周囲に迷惑もかけ、時間も取り、体調も落ちて、全てが悪循環のようになりました。でも一歩抜けた時に、最終的に仕上がってきているものを見ると「え?こんなに簡単なものなの?何かこうなるのって、当たり前じゃん?」と思えるようなものになってきてます。

シンプルにエッセンスに落とし込めると、当たり前に存在しているようにみえて、簡単すぎるように見えるけれど、そこにたどり着くまでの道のりは本当に長く、複雑で、大変なものなのだ・・・と、身にしみて感じた仕事でした。

私はmaster a tough jobする域には、まだとても達していないけれど、本当にキーになるのは、 ”make it simple”, “make it look easy”, “Keep it simple, stupid(KISS)”だな、と。これらの言葉は抽象的なようで、やはり本当に正しく、深いなぁ、と感じるわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月26日 | トップページ | 2007年12月18日 »