« 2006年5月22日 | トップページ | 2007年1月30日 »

じゃくいえむ

今回の旅行は、ほんと色んなことを経験。その一個は言語の壁。

2年前に中国に行ったときも英語通じなくて、笑ってこらえて状態だったけど、今回もそうでした。

今回は電車旅。ウィーンからスロヴァキアの首都ブラチスラバに電車でGO。来たのはよいが、ここは首都?ほんとに?という雰囲気。どこかの地方都市に来たみたいな駅。

ホテルまでどうやって行ったらよいの?駅から全てがスロヴァキア語で、何を聞いたらよいものや・・・地球の歩き方スロヴァキアは中心街しか書いてないし、どうやって駅からホテルに行ったらいいんじゃ!

とりあえず駅の外に出て、バスがあるのはいいものの、全てがスロヴァキア語だからまじで分からん・・・4時なのに外暗くなってくるし、不安な気持ちは募るばかり。

とりあえず「困った。助けてちょ」オーラを周辺にふりまきつつ、地球の歩き方を見ながら、読めもしないバス路線図とにらめっこ。
途中浮浪者らしき人に「金くれ」要求をされつつ、困っていると、救い主が現れました。きたよ、優しいおばちゃんの助けが。スロヴァキア語だ。

「○×△×○?」(どうやら疑問文?)

「(とりあえず)うんうん。いえす、いえす。」

「○×△×○○×△×○○×△×○○×△×○・・・」

「(そんなに話されても一つも分からんが、人間こんなときにはとりあえずうなずいてみる)うんうん」

「○×△×○○×?」(また疑問文?)

「(分からんから)ひあー。でぃす、ほてる」

「○×△×○○×・・・・」(分からんようだ)

「(とりあえず、ホテル周辺の地図があったので見せてみる)」

「○×?△×○?○×・・・・」(分かんないよね・・・)

「!○×△×・・・○○×」(おぉ?方向はなんとなく分かったようだ?)

「○×△2○○×」(番号を指で示された)

「2?」

「○×△×○○×」(分からんが、正しかったことにしよう)

・・・すると、その番号のバスが来た!指さされて、「○×△×○○×!!!!」と言われたので、とにかく乗ろうとしたが、切符を買っていない。

「のー、ちけっと!・・・うぅ~~」(なぜかこういう時だけブロークンのような英語になるのはなぜ)

するとおばちゃん、私らに自分の持ってたチケットを渡してきて、「××△(乗れ!)」というそぶり。

「ありがとう」すら現地語で言えなくて。一生懸命手を振ったけど、何もいえなかった。一生懸命さんきゅーって言ったけど、聞こえたかな。

かなり後悔した瞬間でした。バスの方向はあってて、しばらくするとホテルが見えてきてホッと安心したのはいいけど、やっぱりおばちゃんの優しさを思うと申し訳なく思った瞬間でした。

じゃくぃえむ、もう忘れないよ。

今もスロヴァキアのどこかにいるんだろうね。自分の人生で、2度とおばちゃんとは会わないでしょう。自分の人生で、数分しか交差しなかった瞬間だったけど、忘れません。

じゃくぃえむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月22日 | トップページ | 2007年1月30日 »